それってあの国と同じ?

 知人の子どもが今春、入学するという小学校の話を聞いてびっくりしました。

 まず登校したら、校庭を横切るように歩いてはならず、決められたルートを通って教室に入るのだとか。筆箱に入れる鉛筆の濃さはこれこれで、本数は何本、赤鉛筆の数は何本。ただし赤ペンはNGで、ある学年になってから所持が許されるとのこと。その他、まぁ、ああしろ、こうしろ、この通りに、と決められたことでがんじがらめの様子。

 その話を聞いて私は思わず「それってまるで・・・じゃん」と叫んでしまいました。・・・に入るのは、将軍様の下、全てが国家に統制されているアノ国です。もちろん知人の子が入学する小学校ではかの国のように「将軍様マンセー」と崇拝を強要されてはいませんが、子供たちが皆、横並びにカッチリと統一された行動をとるように仕向けられている点では、ほとんどあの国と同じです。

f:id:johan14:20190220122122j:plain

 まあ考えてみれば、日本の政治も一応『民主主義国家』を謳ってはいますが、実際はアベちゃんの一声で与党も官僚も「マンセー」と叫び、形だけの国会審議をして、ほどよい頃に「ではそろそろ」と何でも強行採決でゴリ押しして決めてきているわけです。つまりアベ将軍様が口に出せば最後は何でもまかり通る。

 アベちゃんの奥さんの影がちらつけば、普通は通らない学校の建設許可が下り、アベちゃんのお友達がやっている学校なら、普通は降りない認可が下りる。アベノミクスの効果を喧伝するためには、官僚は事実を曲げてウソの統計発表をする。日本の為政者たちがやっていることは、脅威だ脅威だといっている国の権力者とその後ろで作り笑顔で拍手している取り巻きたちの姿とほとんど変わらないわけです。

 サッカーの練習や試合でいろいろな学校の校庭やグラウンドを使わせて貰いますが「あれは禁止、これはダメ」とまぁ規制の多いこと。とにかく何でも禁止にして、枠の中でおとなしく羊の群れのように決められた方向に整然と動いていると安心する人たちが増えました。子どもたちもそんな環境に慣れきってしまい、どんなことにも「いいの?」と許可を確認するクセがついています。つまり自己判断を放棄して思考停止する傾向が強まっている。

 「決まり事だから」と、何ら疑問も持たず、矛盾にも気付かず、もちろんその理不尽さを指摘することなど到底なく、無条件で盲目的に従属する子どもたちを量産していきてたいのでしょうか? そんな子どもたちが成長すれば「キョーコーサイケツ?しょーがないじゃん、多い方が勝ちって決まってるんだから」と単純思考の大人になるんでしょうね。

 ああ恐ろしい。少なくともスポーツでは、そんな人間を育てないように最大の努力をしなければなりません。それは、まず、自分がどういうプレーをするのか、を自分で決めていくことから始まります。

 

 

フジア杯と日本人の課題

 随分、ご無沙汰してしまいました。アジアカップの評論をしてほしいという話をあちこちでされるので、遅まきながら。

 まず、森保監督になってから、ハリルホジッチが残したプラスの遺産、すなわちタテに勝負する意識が定着して、以前のように「どうしてここでどうでもいいパスつなぐんだ~!!!」というイライラは減りました。ただ、期待の堂安にしても、原口にしても、イラン戦、カタール戦のように「ここ一番の勝負」では、強力な攻撃の突破口になれるほどではなかったですね。屈強なサイドバックに封印される時間が長かった。まだまだ対策を立てられると威力が半減してしまう。

f:id:johan14:20190215162311j:plain


 チームとしては、状況に応じて戦い方を変えられる応用力がついてきていると感じます。少なくとも「自分たちのサッカーをするだけです」という・・の一つ覚えではなくなった。ただ、先ほど挙げた個々の選手のプレーと同様、「ここ一番」という試合で勝ち切れない脆さは相変わらず。

 

「厳しいイラン戦を勝ち取ったではないか」という指摘もあるでしょう。確かにその点は評価できます。しかし、一つの大きな勝利をした後に本当に大切な勝負は落としてしまうという流れはドーハの悲劇以来、あまりかわっていません。

 ドーハの時は、崖っぷちに追い詰められてから韓国に劇的勝利をして望みをつないだものの、最後にイラクにしてやられた。ロシアW杯でも、コロンビアに勝ち、セルネガルに引き分けて「すご~い!!」となった後、消化試合のポーランド相手に負けた。今回もイランに勝って「意外に勝負強くなった」と思わせた後、大切な決勝戦で完敗しました。

 厳しい勝負を「勝ち切る」のは、本当に難しい。しかし、今、日本サッカーの課題はその一点に集約されています。それは、日本代表になってからの強化で推進されるものではなく、日本中のあらゆるサッカーシーンに委ねられている課題と思っています。

 というか、サッカーに限らず、日本人の日常行動の全てで、自己判断し、決断し、後始末まで自分で責任を持つという意識を育てていかねば、それは改善されないでしょう。「皆がそうだから」「人に言われるのがいやだから」という概念が先に立っているうちは、大事な勝負事に果敢に挑んで結果をもぎ取るという意識は醸成されていかないでしょう。

 例えばどのサッカークラブに入るかという選択でも、進学先の選択でも、はたまた政治的な判断でも、可能な限りの情報を入手し、客観的な視点を働かせて「目先のことではなく長期的な展望を見据えてよく考える」ことをせず、「根拠のない風評」に踊らされ、「何となくみんなの傾向」のようなものに流され、巧みな商業的動員に踊らされて決めてしまう。そんな「思考停止」の日常を送っている限り、個々の確かな思考力、判断力、決断力は育たないでしょう。

 上手くて賢くてチームワークがいいように見えて、いつも大事な勝負をことごとく落とす...そんな日本代表の姿は、まさに私たち日本人の「今」の姿を映し出しているのです。

 

 

ビデオ判定って法解釈の厳密さを誇示するツール?

 サッカー・アジア杯の日本vsベトナムでビデオ判定が試合を決めました。
 日本の決勝点は堂安選手が倒されたことによるPK。流れの中ではプレーオンでしたが、後にビデオで確認され「やっばりPKでした」という判定。日本の先制ゴールと思われた吉田選手のヘディングも、かすかに腕に当たっていたことが後からビデオで確認されノーゴールと判定されていました。
 私に言わせると、吉田選手のハンドも、べトナム選手のトリッビングも「?」です。吉田選手にヘディングされたボールは確かに腕をかすめて飛んでいるように見えますが、とても「手でコントールされた」というようには見えず、また「手に当たることによって決定的なアドバンテージを得た」とも思えません。
 堂安選手が倒されたプレーも、ベトナム選手がかすかに堂安選手の足先を踏んでいるかのように見えますが、堂安選手は踏まれたタイミングとズレて姿勢を崩していて、足を踏まれたことが大きくバランスを崩す原因になったとはどうしても思えません。むしろ、自分のつま先に相手選手の足が触れたことをいいことに、堂安選手が大げさに倒れている「シミュレーション」のようにも見えます。
 吉田選手のヘディングの時は、ベトナムの選手たちは、てっきり得点されたと思い込み、皆がっくりうなだれています。誰も「ハンドだ!!」とアピールしていません。堂安選手が倒された時は、さすがに本人と周囲の日本選手の何人かは「PKだ!!」とアピールしていますが、それはぺナ内で倒れた時のお決まりのようなことで「とりあえず言っておく」という程度のアピール。誰も「絶対にPKだ」と確信はしていなかったでしょう。ベトナムの選手は「お前、汚いぞ、シュミレーションじゃないか」とばかりに堂安選手に詰め寄ってもいます。
 いずれのシーンも、そのままビデオ確認されずに流れていても、両チームとも納得(もちろん100%ではありませんが、サッカーではよくあることとして)していたのではないか、と思われるわけです。それを、ビデオで重箱の隅をつつくような確認をして「厳密には反則でした」とする。なんだが、わざわざ罪を掘り起こしているようで複雑な気持ちになります。
 例えば「一時停止」の場所で、ほぼ止まっているような速度で、しっかり左右の安全確認し、誰も歩行者がいない状態で車を通過させたのに「はい、ピタリと止まってはいませんでしたね」と交通違反になる。交通法規に厳密に照らせば違反なのでしょうけど、実際には誰にも危険を及ぼしておらず、安全の意識も確保されている。警察官だけが「違反を摘発した」と納得している。安全確保ではなく、取り締まり自体が目的になっている。それに似ています。
 今回のビデオ判定も「厳正にルールを適応する」こと自体が目的になってしまい、サッカーの持つファジーな部分(それも幾多の名勝負と思い出と怨念と闘志の源泉になる)を排除しているように思えます。「確認してよかった」と納得しているのは審判だけじゃないんですかね。
 ベトナムは吉田選手のヘッドの取り消しをしてもらっているからPKには強く抗議はしてこなかったですけど、もしそれがなければ、あのPKには猛烈と抗議してきたでしょうし、私が言うように堂安選手のシュミレーション疑惑も持ち上がったことだと思います。
 「ホラ、ここでちよこっと触っているでしょ。これ、反則なんですよ」という審判だけがご満悦になる法解釈の講義みたいな判定、私は大嫌いです。
 

カネで買ったという意味では同じ事

 東京五輪招致に賄賂が使われたとの疑惑が持ち上がっています。
 五輪招致は世界各国のIOC委員の投票で決定されます。委員たちが候補地の施設、交通、宿泊施設、セキュリティーなどを精査して決める、というのはあくまで表向きの話。現実は「東京に投票してあげたら、何してくれるの?」というえげつない世界なのです。
 だから以前は、投票権を持つIOC委員に高価な贈り物は当たり前(サマランチIOC会長の家には倉庫に溢れるほどの贈呈品があったそうです)、「現地視察」と称して往復ファーストクラス航空券で招待して、飲めや歌えのパーティーに観光旅行、あげの果てには子女の留学費用負担とか、ペットの不妊治療とか、歓待の限りを尽くして「ぜひ我が都市に一票を」とやっていたわけです。
 それが「行きすぎだ」と批判されてからは、委員の候補地視察は禁止されました。となると、今度は水面下の活動が激しくなるわけです。
 「私はIOC委員委である彼の知り合いだ。私が彼に東京に投票するように説得しましょう」という輩がでてくる。それを「コンサルタント」として仕事にするわけです。「知り合いの彼」の数が多いほどコンサルタント料は高額になる。
 東京はそれを陸上競技を通じて人脈が多いパパマッサラ氏なる人に「コンサルタント」としてお願いしたわけです。それが正式な業務委託なのか、裏で話を通してもらうための賄賂なのか、法的な判断が取り沙汰されていますが、バカバカしい議論だと思っています。
 カネで「東京」という票を何票も買った、という意味では同じ事だからです。
 そもそも東京は、災害からの復興、コンパクトな規模、抑制された予算みたいな謳い文句で招致を勝ち取ったということになっていますが、いざ招致を勝ち取ってしまえば、そんなことすっかり「なかったこと」のようになっています。
 五輪予算はべらぼうに膨らみ、最初に「これでやります」と世界に提示した額とは比べものにならない大きさに膨らんでいます。コンパクトなはずだった会場は、あちこちに飛ぶことになりました。災害地の復興は、建設業者の不足で遅れに遅れています。家を直そうにも、壊れた施設を修復しようにも、業者が揃って五輪、五輪と東京に集中してしまうからです。五輪が災害復興を遅らせているのです。
 「招致を勝ち取ってしまえばこっちのもの」とばかりに、招致理由など蹴飛ばしているかような東京五輪。そもそもカネで票集めをした結果なのですから、最初から恥も外聞もない出来事なのです。
 コンサルタント料とかの費用も含めて、五輪にかけるお金でどれだけ保育園や老人施設が建てられ、学校や病院が充実し、道路、橋、トンネルなどの老朽化が修復できるのか。たった一ヶ月間バカ騒ぎするだけに巨額の費用を使うのは、あまりにアホらしくないですか?
 
 
 

仲間がいたからこそ

 レスリングの吉田沙保里さんが引退会見で「一番、印象に残っているのは決勝で敗れたリオ五輪の銀メダル」と語っていました。
 数え切れないほど世界一になっている人が、負けた時の銀メダルが最も印象的だった理由は「負けた人の気持ちとはこういうものなのだな」と改めて気付かされたことと「私に負けた人が試合で相手になってくれていたからこそ、私も勝てる喜びを味わってきたのだと再認識したから」と語っていました。
 素晴らしいですね。よくぞ言ってくれたと思いました。
 リオ五輪決勝の負けは僅差の判定。まだまだやれる。東京五輪でもう一花。そんな声が投げかけられていました。周囲は、勝てば「次もまた」と言い、次に勝てば「~連勝目指して」と言い、さらに勝ち進めば「前人未踏の記録目指して」と言い、それを達成すれば「次の新たな目標は何」と迫り来る。「~までは頑張ってほしい」などと、勝手に期限を設定する。「ほどほどでいいよ」とは絶対に言ってくれません。
 思えば、資本主義の世界とは「右肩上がり」が当然の世界。一つ仕事がうまく行けば支店を設けて出荷を増やし、新製品を開発しては新しい需要を喚起し、さらに業務を拡大して従業員を増やし、社屋を大きくしていく。そこには「ここまででよし」という終わりはありません。果てしなく「右肩上がり」でいることが使命になってしまっている。
 しかし、世の中のあらゆることには「パイ」つまり限度があって、誰もが同様に無限に拡大して果実を得ることできません。威勢のいい「右肩上がり」がある一方で、同数以上に拡大に失敗して消えていく者があるわけです。つまり、何かを、誰かを、冷徹に踏み台にして、のし上がっていくことが資本主義経済の「右肩上がり」という現象。
 そういう資本主義経済的現象に飲み込まれているからか、人々は何事も次、次、次、と要求して右上に向かって上がっていくことが当たり前のように思っている。だから吉田さんが引退すると言うと「まだできるのに惜しい。東京五輪までがんばってほしかったのに残念」となる。行けるところまで行け、使えるものは、すり切れるまで使い切れ、という発想でしょうか。「もう、このあたりでいいよ」とは、なかなかなりません。
 そんな愚かな私たちに対して、吉田さんは「自分はもうここで十分」と宣言し「競い合う相手あってこそのスポーツ」という原点を再確認させてくれました。
 さて、私が指導していいる小学生。次の大会はベンチ入りの人数が限られ、メンバー全員がベンチ入りできません。リーグ形式なら、いつものように二チームに分けて代わりばんこに出場させられるのですが、その大会はノックアウト形式なので負けたら終わり。リーグ戦のように「二試合目に出場」と想定された子は、一試合目でチームが負ければ出られなくなってしまいます。
 どう考えても確実に全員を出すことはできません。やむを得ず、試合には選抜された子どもたちだけを連れて行くことにしました。自分の指導理念には大きく反することで、非常に心苦しい決断です。
 選抜された子たちには、メンバーに選ばれた優越感を持つのではなく、いつも一緒に練習してくれている仲間のことを思って試合に臨むよう言い聞かせねばなりません。パスを出してくれる人がいるから自分のシュート練習ができる、紅白戦の人数が揃っているから自分の試合形式の練習ができる。自分の上達には常に、仲間の恩恵があるのだということを忘れずに戦ってほしいです。

冷静に分析するということ

 昨年末に行われたクラブW杯。
 一昨年の大会でレアルに食い下がった鹿島アントラーズは「今年こそレアルを倒す」という意気込みで臨みましたが、今度は1-3で完膚なきまでの完敗。3位決定戦でも南米代表のリーベルプレートに0-4の大敗を喫しました。
 この差、現実です。一度の善戦で「行けるかも」と期待を持つことは仕方がないとは思いますが、同時に冷静な分析、見極めも必要です。欧州や南米の強豪が、気を抜かずに本気で「勝ちにきた」場合、日本サッカーの実力ではまだまだ太刀打ち出来ないのが現実です。「世界に近づいた」などと自分勝手な楽観論は軽々に語るべきではないでしょう。
 さて、「日本大健闘」と誰もが思っている2018ロシアW杯ですが、果たしてそうだったでしょうか?
 日本代表は4試合して1勝2敗1分け。たった一つの勝利しか挙げることができず、しかもその1勝は開始早々に10人になった相手(コロンビア)に対して...と見ていくと、決して良い結果とは言えません。
 決勝トーナメント進出を賭けた大一番、「勝てば望みが叶う」というポーランド戦では、あっさり先制点を奪われて0-1の負け。途中から「敢えて」敗戦を選択し、ルールの条項を利用して決勝トーナメントに進めはしましたが、真価が試される勝負を自力で制することができなかったことは事実です。
 決勝トーナメント進出の結果はあくまで幸運な巡り合わせに過ぎず、世界の壁を実力でこじ開ける、という域には達してはいないわけです。
 2-3と惜敗だったベルギー戦の結果が「果敢な討ち死に」というイメージを残したために、「世界と戦えた」という勘違いを生む要因になっているのかもしれません。しかし、過去、優勝候補をあと一歩というところまで追い詰めた、などという試合は腐るほどありますし、優勝チームをグループリーグの段階では破っている、などという試合すらもあるわけです。
 私たちはベルギー戦よりも、既に決勝トーナメント進出の望みが絶たれて日本戦が「消化試合」だったポーランドに勝ち切れなかった、という現実の方を重く受け止めねばなりません。4試合でたった1勝しかできず、勝負のかかった試合を0-1で落としている、という事実をどう分析するのか...そこに日本サッカーの今後がかかっています。
 「見たいこと」ばかりを見て、「見たくないこと」を避けていては進歩はありません。

スポーツ大賞

 慌ただしくしているうちに年が明けてしまいました。一日遅れなんですが(笑)、独断と偏見で選ぶ永井洋一の2018年スポーツ大賞を発表します。
 受賞者は元バレーボール選手の益子直美さんです!!!
 受賞理由は、ご自身が主宰する少年少女を対象とした大会で「監督、コーチが叱ってはいけない」という趣旨を徹底させていることです。
 人前だけでなく、ベンチに帰ってから叱られなかったかどうかを、益子さんご本人が子どもたちに聞いて回ったりもするそうで、楽しい雰囲気の中、指導者からの高圧的な指示、つまり外的圧力で動くのではなく、自主性を持って動く子を育てようという意図がそこにはあります。
 益子さんはかつて日本リーグイトーヨーカドーの選手として大活躍し、日本代表にも選ばれています。女子バレー界に根性と理不尽なハードトレーニング、バワハラ、セクハラが当然のこととしてまかり通っていた時代、当時のイトーヨーカドーを率いた坂上一雄さんという監督が理論的裏付け、合理的な練習、選手と対等に対話し主体性を重視するする指導を推進させて優勝を勝ち取りました。
 チームは、益子さんをはじめ、斎藤真由美さんら美女軍団としても話題をさらっていました。当時の女子バレー選手と言えばザン切り頭に化粧気のかけらもない顔、女性としての魅力などとうの昔に捨てました(笑)...みたいな方ばかりだったのに、ヨーカドーの選手は皆、綺麗でした(こうした切り口で女性アスリートを評価することは今や一種のセクハラかもしれませんが、そのあたりはお許し下さい)。
 雑誌の取材で訪れた際、ヨーカドーの選手たちは「監督からは、選手である前に一人の女性として社会に出ても恥ずかしくないようしっかり身なりを整えなさい、と言われています」と語っていました。さらには「私たちはヨーカドーという会社の宣伝役も担っています。TVで自分たちが映し出されたときに、女性としてなりふり構わない様子でいたら、会社のイメーシも悪くなりますから、可能な限り良いイメージを保つ努力は必要と思っています」とも語っていました。
 そうしたヨーカドー時手代の論理的、科学的裏付けと主体性を重視する指導、さらには一人の女性としての社会的立場を重視する環境が、引退後もずっと女性として美しく、また、子供たちが主体性を持ってバレーに取り組むための活動を推進する今の益子さんを創り上げているのだと思います。