W杯-6

 世界200カ国以上のFIFA加盟国の中から激戦を勝ち抜いた32カ国が参加できるW杯。そこでさらに半分のチームが敗退して迎えるベスト16からベスト8へのステージ。弱いチームなどあるはずもなく、多士済々が紙一重の差でひしめく世界です。

 こうした戦いで勝負の命運を分けるのは、岡田武史・元監督が言う「ちょっとしたことの差」。それはパスミスとか、空振りとか、不要なファウルとか、誰が見ても明確にわかるミスではなく、TV解説中に同氏が言っていた「『行くべきところに行かない』ような一見、わかりにくいミス」。

 この試合の勝負を分けた直接的な原因はそれ。つまり、失点となったクロスを上げられる前の鎌田選手のボールホルダーへの寄せの甘さ。

 それは、例えばドーハの悲劇の時のカズのタックルのように、懸命に体を投げけ出しても防ぎきれなかった、という類のものではありません。行こうと思えば行けたはずのプレー、つまり意識の問題。危機感乏しく、なんとなく足だけ出したという緩慢なプレー。

 鎌田選手、前半から守備、緩かったですね。モドリッチの裏への抜け出しを無抵抗で許しすぎていました。「オレじゃないよ。そこは長友さんでしょ」とでもいいだけな無責任な動き。それについては結果として大事には至りませんでしたが、そうして「結果オーライ」でごまかしていると、いつか大事な場面にツケが回ってきて痛い思いをする。それがクロスを簡単に許した場面に出たわけです。

 この緩いプレーのために、せっかくのリードを台無しにされてしまいました。結果としてPK負けするわけでから、この失点を生んだ場面でクロスのキッカーに何一つストレスを与えられなかった(できない状況ではなく、意識の問題だけでしなかった)鎌田選手の責任は一番重いでしょう。

 例えば富安選手が自陣右サイドでもたついて奪われたプレーを筆頭に、双方にいくつもの「してはいけない」ミスはありました。しかし、それを、どれくらいしてしまうか、どういう場面でしてしまうか...の差です。「してはいけない」ことを日本は决定的な場面でしてしまったということです。紙一重の勝負では、そういうことをした方が負けです。

 裏返すと、そういう千載一遇のチャンスを決め切れたクロアチアのクロスの精度とヘディングシュートの強さは見事でした。日本のプレスは試合を通じてまずまず機能していたのですが、それが緩んだ一瞬、その千載一遇のチャンスを生かしたわけです。

 思い出してみれば、初出場98年フランス大会でクロアチアに0-1で負けた時も、日本は結構、優位に試合を進めていたにもかかわらず、ワンチャンスをシュケルに決められたのでした。歴史は繰り返しました。

 ヒヤヒヤさせなかせらも丁寧につないだ日本のビルドアップは、まあまあ良かったと思います。ただし、そうやってボールを大事にしてつないでも、最後にFWが受ける力がなければポゼッションも無味になります。浅野選手、残念ながらほぼ100%競り負けでしたね。ボールが来てもほとんどロスト。前を向けてもファーストタッチで簡単に相手に渡してしまう。そもそも得意なはずのスピートでも負けている。この程度の選手がトップを張るようではベスト8は無理でしょう。

 エムバペ、ケイン、メッシ、ネイマール...ベスト8に名乗りを上げた国々には、前線に頼りになる選手が必ずいますよね。敗退したポーランドにはレバンドフスキー、韓国にはソン・フンミンがいて、チョン・ギソンという新星も出てきました。疲労が明らかなクロアチアDFに効果的なプレーが何一つできなかった浅野選手とはあまりにクオリティーが違いすぎますね。このポジションにどういう選手を置けるかがベスト8への鍵と断言できます。

 前田大然選手、献身的な貢献を続けてきたからこそ最後に神様がご褒美をくれましたね。今回は、ほぼ守りに走らされましたが、最後にFWとしての一仕事しました。

 そしてPK。メンタル弱すぎ、キック下手すぎ。視線や動作も含めて、駆け引きのかけらも感じられませんでした。日本のキッカー「負のオーラ」全開でしたね(笑)。

 岡田氏がため息交じりに語った「まだ足りないということですかね」という言葉が全てではないでしょうか。やはりベスト8に相応しいものが備わっていないのです。

 

 

W杯-5

 ドイツ戦に続いて歴史的勝利です。

 チーム全体の守護意識が高い集中力で統一されていたこと、そして、相手陣内で「いい形」でボール奪取したときにスイッチオンされる攻撃を支えた大胆なチャレンジ精神が勝因です。中でも、前田、伊藤、三苫の三選手の貢献度はとてつもなく大きいと思います。

 まず前田選手。FWです、しかもセンターフォワード。シュートして点を取ってナンボのポジション。しかしこの試合の彼は、いわば最前線のDF。ひたすらスペイン保持のボールをおいかけ、プレスをかけることに尽力しました。普通、あんなことしていたら「オレ何のための選手なの?」ってなりますよ。「相手のボール追いかけにカタールまで来てんじゃないよ」と。

 しかし、そんな文句は一言もいわず、センターフォワードとして一番格好悪いプレー、すなわち相手に回されるボールを前線で追いかけることに終始した。しかし、その泥臭く地道なプレーが堂安選手の同点弾につながりました。「自分のできること」で最大限チームに貢献した好例です。

 次に伊藤選手。「稲妻ジュンヤ」などと称され、相手守備陣をドリブル突破することが持ち味のアタッカー。彼も「攻めてナンボ」の選手。その彼がまぁよく守備をした。攻めに関わった回数と守備に関わった回数を数えれば、間違いなく守備の回数が多かったはず。自分の持ち味を封印してでもチームコンセプトに忠実なプレーを遂行しました。堂安選手の得点も、最後に伊藤選手が身体を張って競ったボールから生まれています。

 さらに、富安選手が投入されてからは普段あまりやっていなてインサイドフォワードのような位置に移動し、それまで以上に快足が活かせない状況に。しかしここでもしっかり守備していました。彼も前田選手同様、これまでの活躍を思えば「オレの仕事は守備じゃない」と言ってもいいような立ち位置。シュートもほとんど打たず、クロスもほとんど送れませんでしたが、立派にチームに貢献しました。

 そして三苫選手。彼も伊藤選手同様、サイドから相手DFを切り裂くプレーに期待がかかっていましたが、高い守備意識を見せてくれました。時には相手のサイドアタッカーと競り合って自陣ゴールライン付近まで戻って守備。左サイドで何度もスペインの攻撃を封じる姿がありました。堂安選手の同点ゴールは、彼の的確な「読み」と「ポジョニング」そしてスピーディーで激しい「チェイス」から始まっています。

 そして決勝点。身体を投げ出して「最後の1mm」に賭けたプレーが素晴らしい。このプレーがどれだけ少年たちに「サッカーの原点」を示してくれたことでしょう。これからしばらくは「三苫のプレーみたでしょ」と言えば、有無を言わさない説得ができますね。三苫選手すばらしい「手本」をありがとう。

 

守備的サッカーは日本の未来につながらない?

 

 さて、今回日本がW杯で成し遂げた二つの快挙はいずれも守備をかためてカウンターを狙う、という戦術のたまもの。

 以前、こういう戦術に対して異常にまでに否定する人たちがいました。曰く、守備的なサッカーは「つまらない」。曰く、守り続けて勝つような試合をするくらいなら、リスク覚悟で攻めに出て華々しく散るほうがいい。曰く、守備的なサッカーをしても日本サッカー界の将来に何も残らない。

 こんなことを声高に叫んでいた人たちいましたね。しっかり名前を覚えていますよ、ここに列記しましょうか(笑)。彼らにぜひ、またご登場いただいて、守備的な戦術に関してご高説を賜ろうではありませんか(笑)。

 日本のポゼッショ率1割台かせいぜい2割だったドイツ戦、スペイン戦、やはり「つまらなかった」ですか? こんなサッカーしてベスト16入るくらいなら、3-4みたいな派手な打ち合いをしてグループリーグ敗退した方が良かったですか? 相手によっては守備をかためてカウンターを繰り出すという戦術オプションを身につけたことが、日本のサッカー界の将来に何も残さないと思いますか?

 サッカーにはいろいろな「引き出し」があって、それを状況に応じて使い分ける面白さがあるということを本物のサッカーファンなら知っています。サッカーマンガみたいに派手な得点の奪い合いだけを望んでいるなんて、サッカー後進国の子どもだけ(笑)。今回の二つの快挙を機に、そんな「子ども視点のジャーナリスト」たちが自分の主張の幼稚さを自覚して引退してくれた方が、それこそ日本サッカーの将来のためになるでしょう。

 

 

W杯-4

  大勝した後に緩んだ試合をしがちなこと、大敗している相手に楽勝ムードで向かいがちなこと、古今東西レベルに関係なく世界中で何十万回も繰り返されてきた「あるある」を大事な舞台で見事にやってしまいましたね。

 失点場面は特にその「意識」の部分が示されました。ドイツ、スペイン相手なら「安全第一」でシンプルに蹴り出していたところ。「コスタリカだから」という意識が「翻弄してつなげるだろう」という形の選択となり、そこを乾坤一擲に賭けた相手に拾われました。

 そうしたメンタル的な要素はともかく、個々の選手のレベルでも日本が期待していたほど「上手くない」ことも露呈してしまいました。ボール際の取り合いはほとんど負けでファウルばかり。狙いだった「いい形で取る」ことはあまりできいていませんでした。アタッカーも、ここぞという場面の1対1で対面する相手を有効な形でかわせたのは三苫選手の数回だけ。これではガッチリ守備を固めた相手を崩すことはできません。

 私が指導している成人チームでこのような展開になった時に出す指示は「同じテンポのパスワークだけでなく、ワンタッチを絡めてリズムの変化を出す。パスでレシーバーを走らせるプレーだけでなく、パスを出した選手がワンタッチのリターンを受けて追い越すプレーを使う」。森保監督も同じような指示を出していたようです。

 そういうプレーはカットされて「入れ違い」になりカウンターを食う可能性がある?確かにそうですが、怖いカウンター要員いましたか相手に?べったり引いてましたよ相手は。

 選手は確かに時折、突破をしかける場面でワンタッチのプレーを使っていましたが、なんだか「とってつけたような」感じで全然タイミング合っていません。「ああ、普段はやっていないんだな」ということが透けて見えてきました。というか、そういうプレーがそもそも体に染み込んでいない感じ。「上手いパス」を「出す」だけで終わっている選手が多い「1億総MF国家」の象徴でしょうか。

 前線の起点作りという点では、私が期待していた上田選手、いまいちでしたね。プレーの雑さばかりが目立ってしまいました。浅野選手も前方にスペースがないと何もできない。今さらですが「これなら大迫選手の方がよかったのに」と思っている人、結構いるのではないですか?

 守り倒してワンチャンスに賭けたコスタリカが見事だったのは、そのワンチャンスのシュートを絶妙なコースに飛ばせたこと。このキックの精度、日本にはなかったですよね。キックのみならず「ここぞ」という場面でのコントロールの精度、特にプレスを受けながらのタッチ、ターンは日本選手、意外なほど下手です。厳しく寄せられて簡単にボール失っている場面多かったですね。

 「圧倒的に攻めたのに」みたいに思われていますが、試合は完全に相手にコントロールされていました。全部コスタリカの狙い通り。思い出したのはその昔、ボクシングヘビー級タイトルマッチでモハメド・アリジョージ・フォアマンを倒した試合。アリは1Rからずっとロープに押し込まれて打たれ続けれたのですが巧みにガートして有効打を許さず、終盤、強打を振り回して消耗したフォアマンの一瞬のスキついて数発の的確なパンチでKOしました。

 「引かれた相手の攻略」に関しては2002日韓大会でトルコに思い知らされたはず。その点に関しては20年たっても進歩はなかったということですね、残念ながら。

 浅野選手、ドイツ戦で一躍ヒーロー扱いされましたが、今度はさっぱり。ホンモノはコンスタントに結果を出してこそ。「やっぱりこの人」とならねばダメ。ジョホールバルの岡野選手も日韓大会ベルギー戦の鈴木選手も、一瞬のヒーローでしたが、残念ながらその後の日本代表救ってくれることはありませんでした。強国との差は、相変わらずストライカーという結論はもう飽きましたよね。

 

 

 

 

W杯-3

 アルゼンチンを破ったサウジの勢いがありましたが、決定力がいまいちの感じ。実況はサウジ攻勢のイメージで進んでいましたが、私はレバンドフスキーが一発決めてポーランド勝ちの予感がしていました。

 そしたら、サウジにPK。VARを確認しての判定でしたが、ポーランドDFはちゃんと足を引っ込めていて蹴ってはいない。確かに「触れて」はいるけど。これ「蹴った」としてPKにするはひどいでしょう。解説の名波氏らも皆が口を揃えて「僕が審判なら取りません」。でもPK。

 キッカーのアルドサリのアップを見た途端、「こりゃだめだ。失敗だ」と確信。予想通りGKシュチェス二ーの好セーブでPKは失敗。アッラーの神が「ズルして得点してはダメ」と思召したか?

 そうこうしているうちにレバンドフスキーが抜け出してビッグチャンス。GK直前でボール浮かしてかわした後のターンから素早い折返しが見事。走り込んだ選手がズバリと決めて1-0。

 そして最後はDFのわずかなコントロールの乱れを見逃さず、簡単に奪い取ってダメ押し。あまりカッコいい得点ではありませんでしたが、腐るほどゴールネットを揺らしてきた得点マシーン・レバンドフスキーもW杯初得点ということで感涙でしたね。

 

 メッシ、激しいマークに苦しんで、いつものように相手を翻弄するプレーは少なかったですが「ならば」ということで、相手が寄せてくる前に鋭く振り抜いた左足。まるで「針の穴を通すように」とはまさにこのこと。ボールは糸をひくように右ゴールポスト脇に吸い込まれていきました。

 その前にもFKを直接狙ったプレー。相手GKの攻守に阻まれましたが、弾道を追っていくと間違いなくゴール左上角に正確に向かっていました。恐るべしメッシのキックコントロール。一瞬でもチャンスがあれば100%狙ったところにボールを飛ばせる技術にはただ感心するばかりでした。

 2点目。メッシがドリブルで仕掛けるかと身構えるメキシコDF前に、拍子抜けするほどあっさりと早い球離れ。受けた選手がペナルティ内に鋭く切り込み、ワンフェイクでボールを右に動かすと鋭く早いフォームでシュート。ボールは見事にゴール右隅に。

 DFを抜き切らずに瞬時にボール一個分のコースを確保してシュート、というシュートのお手本のようなプレー。こういうの日本の若者はぜひ真似してほしいですよ。難しいリフティングや曲げたキックの練習なんかしなくていいから。

 

 

 

 

 

W杯-2

 前半は鎌田選手が「自分のプレーとしては今シーズン最悪。このまま終わったら一生悔いが残るような内容でした」と振り返ったように、ほぼ手も足も出ないような内容。攻撃はカウンター3回と前田のヘッド一発のみ。振り回されて守備に追われて終わったという感じ。やはりドイツ強い。

 それにしてもPKは誤審じゃないですか?

 最初に権田選手が飛び出した時、相手選手は「足をひっかけられる」という想定で「倒れる」ことをイメージして半分転んで身構えていた。しかし権田選手はそれを察知してあと一歩の深追いしなかった。倒れるはずのイメージが崩れて拍子抜けした相手が体制を立て直したところに「深追い」をやめた権田選手がぶつかった。私に言わせければ、権田選手に対する相手選手の進路妨害ですね。

 あ~あ不運の判定に泣くのか...。でもキッカーはギュンドアン。直前のプレーで強烈なストレートのミドルシュートを打っていました。これは技巧的なキックではなく、真っ直ぐを突き刺してくる選手だなと直感しました。「権田、飛ぶな!!真ん中だ」と叫びましたがカタールまでは届くはずもありません(笑)。予想通りボールはほぼ正面に飛び、左に賭けた権田選手は防げませんでした。

 後半、森保監督はフォーメーションを変更。正しい判断です。ただし、自分も指導者をしていてよくあることなのですが、想定したとおりに選手が機能してくれるとは限りません。むしろ思惑通りに行かないことが多い。しかしさすが日本代表。きちんと監督の意図通りに動きが修正できていました。素晴らしい。

 そして交代投入。「ええ、浅野かよ!!上田じゃないの?」というのが正直な気持ち。私が代表監督だったら選んでいない選手(笑)。スピードがあるとの評価ですが、スピードでぶっちぎって結果を出すという場面をみたことがない。それどころか決定的なチャンスに雑なプレーでシュートミスするという印象が強い。ところがその浅野選手が超絶美技のトラップで相手の前に抜け出し、スピードを存分に生かして劇的決勝点を奪いました。ごめん!!浅野選手、トラップからシュートの流れ、素晴らしかったです。

 その前の同点ゴールは南野選手の強気の左足シュートがあったから、そして、詰めていたのが左足が得意の堂安選手というのも巡り合わせ。交代選手が皆「自分ならでは」のプレーで結果を出しました。

 見事に逆転。もしかしたら勝ち???でもそんなに上手くは行かないだろうな...と思っていたらアディショナルタイム7分!!!ホントかよ!!なんだよそれ!!。やっぱりな...いいところまで行って、でも最後は悔し涙というパターンをまた繰り返すための「悪魔の筋書き」が用意されているんだろうか...。セットプレーになるたびに「これでやられる」と思いながら見ていましたが、選手たちよく体張っていましたね。

 劣勢、逆境でもたくましく戦って逆転勝利するって、ドイツの得意技だったはず。そのドイツが逆転されて焦っているなんて、長年サッカー見てきた者としては、ちょっと信じられない光景でした。

 94年アメリカ大会予選でアディショナルタイムに失点し出場権を失い、98年フランス大会予選では韓国に逆転負けを喫して苦境のどん底に落ち、02年日韓大会ではトルコにリードされて打つ手なく敗退し、06年ドイツ大会ではオーストラリアに逆転負けを喫し、10年南アフリカ大会ではPK失敗で涙をのみ、14年ブラジル大会ではドログバの登場で浮足立って逆転負けし、18年ロシア大会では終了間際の一発のカウンターで蹴落とされました。

 「あと一歩」の勝負弱さ20年余にわたって露呈してきた日本サッカーですが、ここでようやくその「悪魔の筋書き」を断ち切ることができましたね。しかもその相手が世界一勝負強いドイツとは。約60年前、日本サッカーのために来日して尽力してくださったクラマーさんは天国でどんな感想を抱いているでしょうか?

 

 

 

W杯-1

 W杯始まりました。

 開幕試合のカタールvsエクアドル。石油など天然資源のマネーを武器にあらゆることをカネの力で何とかしようとするカタール。全国民が「カネ持ち」ということらしく、スポーツのような肉体労働は外国からの移民にやらせて、自分の息子には大金を注ぎ込んで勉強させ、海外留学でエリートにするというお国柄なのだとか。

 天文学的な資金を注ぎ込んで近代的なスタジアムを用意し、これまた資金を潤沢に注ぎ込んで一度もW杯経験のない代表チームを強化してきたわけです。その結果があの有様。国家予算や国民所得でははるかに低レベルなエクアドルにピッチ上では翻弄されて負けました。

 カタールがどんなにカネをつぎ込んで付け焼き刃の強化をしようとも、長年、ブラジルやアルゼンチン、ウルグァイなど強国の後塵を拝しながらもサッカーに対する情熱を国民一人ひとりが綿々と受け継いできているエクアドルには及ばない、ということが示されました。サッカーに賭ける気持ちをナメるなよ、という感じでしょうか。

 「勝てるはず」だったエクアドルに完敗し、史上初の開催国初戦敗退という汚名を着せられて、カタール人のサッカー熱も期待したほど上がらないことでしょう。おカネで「気持ち」は買えませんからね。

 強靭なフィジカルで果敢に前線からプレスをかけてくるイランの突進を、GKも含めたDFラインが巧みなポジショニングとパスワークでいなし、機を見てタテに鋭いフィードを入れ、それをMFが巧妙なターンでマークを外しながら受けてつなぎ、最後はFWが果敢な個人突破も含めたプレーでフィニッシュまで至る。イングランドのこうした展開を見ていて、今さらながら「プレミアリーグの導入の効果」を実感しました。

 90年代までは、イングランドがこのように「巧みなサッカー」をすることは想像できませんでした。保守的なお国柄。男らしく勇猛果敢なプレーで「力づく」で得点をもぎ取るというスピリットが重視され、シンプル、スーディー、バワフルが持ち味でした。

 92年にプレミアリーグが立ち上げられ、海外から優れた選手や指導者が流入して、イングランドのサッカーも様変わりしました。選手育成も計画的に行われるようになり、伝統に固執するのではなく、世界の最先端のトレンドを重視する姿勢を打ち出しました。この成果が今回の代表チームによく示されていると思います。

 しかし、ただ「昔より上手くなった」だけではなく、イングランドスピットの素晴らしさは残っています。激しい接触プレーがあっても、ファウルをアピールして倒れるのではなく、ガッチリと受け止めて跳ね返そうとする。良いプレーをするために身を挺するということに一つの躊躇もない。エース、ケインも随分と激しくマークされていましたが、決して負けずにボールを保持し、味方の好プレーを引き出していました。

 上手いけど、いざというときにはフェアな強さもある。プレミア導入から30年を経て、イングランドは本当に素敵なチームになったな、と思いました。

 

 

 

日本、危ないですよ

 先日、国民の過半数が反対の意思を示す中で「国葬」なるものが強行されました。

 故人は在職中、特定機密保護法、武器輸出三原則撤廃、安全保障法、組織的犯罪処罰法などを数の力にモノを言わせて次々に強行採決し、自分の周囲でも刃向かう人間を粛正してきた人でしたから、18億円もの費用をつぎ込み首都圏の交通をマヒさせ、大反対を押し切って強行という形もある意味「らしい最後」と言うこともできます。

 この問題に関してメディアの調査によると、「反対」を叫んでいる人の年齢層は40代以上が多く、20代、10代は「賛成」に回っている人が多いとのこと。実際、あるニュース番組の街頭インタビューでは、若い人ほど「いいんじゃないですか」という容認論が多数を占めていました。

 インタビュアーが「なぜでそう思うのですか?」と問うと、故人が「いい人みたいだったから」という答えが大半でした。えっ、いい人?  先ほど挙げた数々の強行採決のみならず、権力、権益を振りかざした疑惑が指摘されているモリ・カケ・サクラ問題を隠蔽し、誠実正直な公務員が良心の呵責から死に至ったという事案もうやむやにしたままなのに?

 さらに「なぜいい人だったと思うのですか? 」と聞くと、「SNS見たら、ニコニコして優しい話し方だったから」「SNSまとめサイトみたら、けっこういいことやってたみたいだったから」「街頭演説やってる時に笑って手を振っているシーン見たから」...。

 まあ驚くほどSNSSNSSNS... 。言うまでもなく「政治家として」「総理大臣として」の評論、または「国葬の論拠」などに言及することは皆無で、他者が編集したネット上の情報を鵜呑みにしたまま「受け売り」の人物像を何の疑問もなく信じ、それを自分の意見の根拠としているのです。

 日本、危ないですね。すごく危ない。こんな判断力の10代、20代が今後、日本人の中核をなし、社会をつくっていくのだと思うと、戦慄します。自分の目で見ない、自分の耳で聞かない、自分の頭で考えない、引きも切らずスマホとにらめっこしたまま、誰かが「それらしく」作った情報を信じ、拡散しあって皆が「似たような」考えにまとまっていく...恐ろしい、恐ろしい。

 それこそ「サタンが日本を滅ぼす」みたいな情報も、もっともらしい理屈を付けて拡散すれば「ほんとかも...」と思うようになるのでしょうね。実際いろいろな「陰謀論」なるものがネット上では一定の人たちに信じられているようですから。

 それにしても「ついに、ここまで来たか」というのが正直な思いです。考えてみれば、年端もいかない頃からツイッター、インスタグラムなどで「いいね」を貰うためにどうやって「情報操作」するかにエネルギーを費やしている世代。「盛った」加工をしたかどうかは問題ではなく、結果として見た目が「映え」ていれば全てOKという価値観なのですから、「そのように見せる」ことに長けた者が支持を集めていく世の中に変わっていくのでしょう。

 つくづく自分がアナログ世代でよかった、と思う次第です。