悲劇の当事者、経験を歓喜に

 サッカー日本代表が7度目の出場権を勝ち取りました。最終予選序盤に2敗してからの立ち直りは素晴らしかったと思います。しかも最後は、これまで一度も勝利がなかったアウェイのオーストラリア戦を制しての結果でした。見事です。

 森保采配、ズバリでしたね。三苫選手をどう使うか、そのプランがものの見事にピタリとはまりました。このように采配がイメージ通りに実現することの「麻薬的効果」のおかげで、指導者家業がやめられなるのですよね、森保さん(笑)。

 その森保監督、あのドーハの悲劇の当事者でした。しかも、当事者も当事者、一番の当事者といってもいい立ち位置にいました。

f:id:johan14:20220325101330j:plain あの悲劇の失点を生んイラクの右サイドショートコーナーからのクロスに、スライディングで阻止に行ったのがキングカズであったことは誰でも知っているでしょう。そのカズのさらに横でジャンプしてクロスを阻もうとしていたのが、当時、守備的MFだった森保一選手だったのです。写真ではカズの右横に影が映っていますね、その影が森保選手が出している脚の影です。

 自分の体をかすめて飛んでいったボールがあの悲劇の同点ゴールにつながったのですから、いかばかりの心境だったでしょう。その時の記憶はほとんどなく、気が付いたらホテルのベランダで泣いていた、と本人は振り返っています。

f:id:johan14:20220325101649j:plain

 最後の最後に地獄に突き落とされた経験がある選手が、やがて監督になって、紆余曲折の予選を戦いながら最後の最後で結果をもぎ取る、というのは実に爽快です。選手起用などに身勝手な批判が集まり、想像を絶する心労があったことでしょう。よくぞブレずに戦い抜いたものと思います。

 かつてW杯初出場を勝ち取った岡田武史監督が、やはり予選で大苦戦し、カズ外し等で悪人扱いされている最中、ただ一つの信念だけは一度もブレていなかったと語ってくれました。その信念とは「世界中の誰よりもオレが一番、日本代表のことを考えている」ということだったそうです。

 きっと森保監督もその強い信念に支えられていたはずです。

「我慢」という武器で戦う

 写真で男性に抱き抱えられているのはウクライナの一歳半の子どもです。治療室に担ぎ込まれる子どもの後方で、泣きながら母親が追いかけています。この男性に託す直前まで母親は傷ついた我が子を抱いていたのでしょう、彼女の胸のあたりは子どもが流した血がいています。

 平和に子育てをしていたのに、ある日突然、砲弾が飛んできて歩き始めたばかりの我が子が血まみれになるなどということを、どのように受け止めたらいいのでしょう。命が助かったとしても、この先どこに行けばいいのか、何をすればいいのか、傷ついた子どもをどうやって育てていけばいいのか、何一つ希望がないのです。

f:id:johan14:20220317103331j:plain

 狂気の独裁者の傍若無人が続いています。その場しのぎの子どもの言い訳でももう少し筋が通っているぞと言いたくなるほど低俗なウソ八百の理由をかざして、罪ない人に向けた砲弾が無慈悲な破壊を続けています。攻撃を止めねばなれません。

 遠い日本で私たちがウクライナの人々のためにできることは限られています。しかし、間違いなくロシアに打撃を加えることに役に立つことがあります。それは、今、民主主義を掲げる各国がロシアの軍事侵略を止めるために行なっている経済制裁の結果として現れてくるさまざまな不都合を受け止めることです。

 ロシアはエネルギーや小麦などの輸出大国です。経済制裁でロシアとの「お付き合い」を止めると、日本に流入してくるさまざまな物資が不足し、流通の停滞、モノ不足、物価の値上がり、などが起きる恐れがあります。それは少なからず我々の日常に影響することでしょう。

 ガソリンが値上がる、パンなど食材の価格が上がる、こうしたことを筆頭に、これまで「当たり前」と思っていたことがそうではなくなることが予想されます。そうした不便、不都合を「なんで関係ない私たちがこんな思いをしなければならないのか」と自己中心的に考えるのではなく、この程度のことに耐えればいいのなら、いくらでも我慢する。ろくに寝られず、ろくに食べられない状況で、傷つきながら砲弾に逃げ惑うウクライナの子どもたちのことを思えば、どうということではない、という意識を持つことが必要です。

 平和国家は狂った軍事国家とは絶対に付き合わない、という断固たる姿勢を示さねばなりません。それを経済制裁という形で示すときに、私たちの強い「覚悟」も必要なのです。ガソリンが値上がりしても、パンや蕎麦などが値上がりしても、死にはしません。軍事侵略がまかり通る世界になってしまうことよりも、ずっとのましなことだと考えねばなりません。

 ロシアとの取引が社運を左右するという業者の方々もいることでしょう。そうした業者の方々の輸出入がストップすることに対して、公的に支援する仕組みが求められます。日本は「兆」という単位のお金を動かしている国です、その程度のことはやりくりできるはずです。一方、民間にもポンと「億」の寄付ができる人もいるのです。道楽の宇宙旅行に何十億もかける人もいるのです。そうした長者たちは、こういうときこそ、平和という大義のために「我慢」する人や組織を助けてあげてほしいものです。

 

 

もうやめましょう!オリンピック

  そもそも、庶民が何か言うと逮捕され、知らぬうちに処刑されてしまう(死刑執行率世界一)ような国で「平和の祭典」を開催すること自体、茶番そのものだったわけです。まったく雪が降らない場所に、無理やり人工雪を降らせて冬季大会を実施すること自体、茶番だったわけです。国の幹部に性的関係を強要された女子選手を、IOC会長が取りなすような行動をとる事自体、茶番だったわけです。

 その茶番劇が開催されて、ルール厳守という「宣言」のもと、スキージャンブでは何名もの競合選手が失格にされ、スケート・ショートトラックでは地元選手を勝たせるための露骨な失格処分が相次ぎました。

 そうですか、ルール厳守なのですね...と身構えていると、ドーピングした女子フィギュア選手は「15歳だから出場してもいい」という、新たなルールが示されました。そうですか、ではこれからは16歳までの選手ならドーピング強化しても出場までは許されるのですね。全世界の人々の前で前例を作ったのだから、次もそれを踏襲しなければフェアではありませんよね。

f:id:johan14:20220221140228j:plain

 そもそも、国ぐるみでドーピングしているところの選手がどうして出場できるのですか?「やっていない選手もいるから」ですか? でも、やってない選手でも、出場するとなれけば、国家的に強化するわけですから、同じ事ではないでしょうか? ロシアという国に関わる人間は、永遠にスポーツ大会から締め出せばいいのではないでしょうか。開会が「盛り上がらない」から躊躇してるのですか?

 ともあれ、「あなたにドーピングがあった」と指摘されて、「でも15歳だから出でもいい」と許されて、しかし「メダル圏内に入ったら表彰式は行わない」と言われて、世界中から疑惑の目を向けられた果てに正気で演技できる15歳などいますか? そこまでして視聴率を稼いでアメリカのTV局のご機嫌とりたいですか?

 普段は完璧な演技をするワリエワ選手が、ジャンプのたびにぐらつき、転倒しするのを見て、個人を国威の道具にする悪徳大統領と、スポーツをカネまみれにして愚弄するIOCボッタクリ男爵に、彼女の人生が翻弄されたことを象徴しているように見えました。

 競技の場を自分たちで作り出せない選手たちは、それがどのような人々によって、どのように用意された場所であっても、黙ってプレーするしかありません。それでも、「人権に関する発言はしないように」などと釘を刺され、携帯から情報を盗み取られるからと使い捨ての端末を持って大会を過ごすことなど、もう二度とゴメンのはずです。  

 東京大会に続いて、オリンピックそのものが、いかに地に落ちた低俗なイベントになり下がったかを確認しました。これまでもそうした指摘は数多くありましたが、そのたびにアスリートたちの真摯なプレーがあることで暗い気持ちが押し込められてきました。しかし、その真摯なプレーでさえも「何かの力」でたびたび捻じ曲がるようであれば、それはもうスポーツの域を飛び出してしまうわけです。

 もうやめましょう、オリンピック。IOCなど解体しましょう。各競技関係者は、これからは競技ごとの世界大会、ワールドカップを開催していこうではありませんか。

 

 

 

 

涙の大ジャンプを支えた矜持

 同じ大会の同じ種目で既に競技していて公式記録も残しているものと同じものを、数日後に着用したときに今度は「不正だ」と糾弾される。一度認められたものと同じものを続けて着用したことがどうして「不正」なのでしょう。

 一度目とニ度目の間に自分だけが優位になる卑怯な加工をしたわけではない。それでもあの記録は実力によるものではなく、スーツの不正によってつくられたものだと決めつけられる。もし、スーツと密着する身体の微細な変化すらも「不正」扱いされるというなら、そんなことまでして勝敗を決めて何になるのだ、と思ってしまいます。

 高梨沙羅さんに言い渡された不正裁定に対して「当然だ」「フェアな判断だ」「高梨はズルイことをした」と納得する人が世界中にどれだけいるのでしょうか?

 スポーツにはルールがつきものです。スポーツに限らず、人間社会はルール遵守で成り立っていると言ってもいいかもしれません。ルールを設けるのは、秩序の維持、平等性の確保などが必要だからです。そして、全てのルール成立の背後には、そのルールをつくる必要がある理由、つまり「法の精神」があるはずです。

 しかし、時としてその「法の精神」は忘れられてしまい、「ルールを適応させる」こと自体が目的にすり替わってしまうことを私たちは体験します。道路交通法の「一時停止違反」などはその典型で、事故防止、危険回避という本来の目的から考えればまったく問題のない場面でも「ぴったりとは止めなかった」と隠れて見ていた警察官に摘発されます。きちんと減速して左右をしっかり確認し、十分に安全を確認していたとしても、「ぴったりと止まっていない」ことが法的には処罰の対象なのだ、と罰金をい渡されます。

f:id:johan14:20220209135849j:plain

 以下は私の少年サッカー指導での実体験です。その大会では試合に際して「選手証」の提示が必要でした。自チームに所属していない他のチームの選手を、勝利のためにその試合にだけ「不正に」加入させて、本来のメンバーではないチーム編成で試合に臨むことを防止するための規定です。

 その大会は三日間にわけてリーグ形式で行われ、一日2試合ずつこなしていくスケジュールでした。その大会三日の最終試合(6試合目)で、私は子どもたちの選手証を忘れていたことに気づきました。

 「はい、失格ですね」と、まるで査定を下すことが快感であるかのような顔つきで担当者は言いました。

 選手証の提示の「法の精神」は、不正なメンバーの出場阻止ですから、その意味に照らして考えれば、不正があるか否かは、過去5試合のメンバー表と6試合目のメンバー表を照らし合わせて点呼確認するという少しの確認作業ですむわけです。それでも担当者は「選手証提示がルールだから、提示がなければ失格だ」というわけです。

 さらにその担当者はその後、再び「してやったり」という顔をして、「一つ前の試合も遡って失格ですから」と伝えにきました。

 実はその日の第一試合(通算5試合目)でも選手証を提出し忘れていたのですが、その時は大会本部も審判も相手チームも全くそのことに気付かずにいました。対戦した両チームも、試合をさばいた審判も、試合に関わった人間全てが、試合は成立したと認識していたものを、「そういえばあの試合、今から思えば選手証が提示されていなかったよね」と、選手証提示の確認義務を怠った自分のことは棚に上げて、記憶を遡って我がチームの失格処分だけは厳格にするというわけです...「ルールですから」と

 その結果、我がチームは2連勝したした5試合目、6試合目の両方を「敗戦」扱いとされ、スコアも勝ち点も実際の試合とは異なる「記録」とされたのでした。

 高梨さんへの失格処分を知った時、私はこの少年サッカー大会の失格処分を思い出しました。どうしてそのルールがあるのか、という法の精神を置き去りにして、ルールの適応にのみ厳格に取り組んでいくという部分が似ていると思ったのです。

 「あなたのしたことは不正だ」と、晴天の霹靂のような断罪を受けて、高梨さんの中にどれほど激しい感情の揺れがあったことでしょう...。想像を絶する過酷な心理状態で2本目のジャンプに臨んだ高梨さんを支えていたのは、「私は決してアンフェアなことをして勝とうとしているわけではない」というプライドだったのではないでしょうか。その矜持がなければ、あの心理状態であれだけれのジャンブはできないでしょう。

 高梨沙羅さん、あなたは本当に立派です。あなたは五輪競技者としては不本意な評価をされてしまいましたが、ジャンパーとして、人として、最上級の振る舞いを見せてくれました。人生最大の失望のどん底と言ってもよい状況で、よくぞ一流のパフォーマンスを披露してくれました。あなたの涙の大ジャンブは、この先ずっとずっと語り継がれていくことでしょう。絶対に「申し訳ありません」などと言ってはいけませんよ。

「意義」に投資するプロフェッショナル

 二人のトッププロ選手の素晴らしい活動があります。

 サッカーの元日本代表・岡崎慎司選手が、出身校の地元、神戸市西区にサッカー場を建設しています。土地は岡崎選手が自ら購入、建設と運営に関しては、在校時代の友人たちと立ち上げた一般社団法人のメンバーが推進するとのこと。

 サッカーのフルピッチに地元産の作物を並べるマーケットを併設、駐車場と合わせて三段構造になっているとのことで、構想のイメージはドイツのチームでプレーしている時に見た彼の地の環境だといいます。

f:id:johan14:20220126101909j:plain

 「こういう場所が必要なのだ」という岡崎選手の思い、とてもよくわかります。私もドイツ、イングランドなどを取材して歩く中で、まったく同じ思いを抱きました。「これだ、これ、これを日本にもつくらねばならないのだ」と。私は岡崎選手ほどの財力がありませんでしたから(笑)、自分が運営するチームを欧州のクラブ型に整備し、地元密着の活動を推進することで理想に近づこうとしました。

 同じような思いを抱いてているサッカー関係者は多数いるでしょうが、実際に自費を投じて行動に移す例はあまりありません。グラウンドづくりや運営などは、決して「割りのいい」商売ではありません。岡崎選手ほどのネームバリューがある選手のセカンドキャリアを考えるなら、もっと「カネになる」話はいくらでもあります。

 あえて理想や理念のために私財を投じるという岡崎選手の思いはほんとうに素晴らしい。危険を顧みず、頭からボールに飛び込んでいく岡崎選手のプレーは、損得ではなく「意義」のあることに第二の人生を賭けてくれる「心意気」に繋がっているのだと思いました。

 野球の筒香嘉智選手も、自費を投じて野球場の建設に取り組んでいます。出身地の和歌山県橋本市に両翼100mの球場、内野グラウンド、室内練習場を併設した施設がつくられます。少年たちの体への負担を考え、球場は天然芝にこだわっているとのこと。

 筒香選手はかねてから、少年たちの育成に関して持論を展開してきました。非合理的な練習内容、過度な身体への負担、心理的な圧迫...日本の野球界に根づく悪しき慣習の改善を求めて、ことあるごとに発言しています。最上級の現役ホームランバッターの提言は、その都度、メディアで取り上げられてきました。

f:id:johan14:20220126101924j:plain

 そうした提言を実現させめために、自ら理想の環境を作ってしまおうというのです。岡崎選手同様、メジャーリーグで活躍するほどのビッグネームのセカンドキャリアを考えたなら、もっと効率よく報酬が得られる活動はいくらでもあります。学習塾経営ならともかく、スポーツの少年育成などまったく「カネにならない(笑)」活動です。それをあえてやろうという。

 ベィスターズでガンガン、ホームランを打ち、メジャーでも一流投手の速球をスタンドに打ち込んでいる筒香選手。「筒香選手のようになりたい...」という動機は、他のいかなる方法よりも説得力があるでしょう。筒香選手の理想の原点は強打者の量産国ドミニカとのこと。和歌山から第二、第三のメジャーリーガー強打者が生まれることを期待しています。

 

 

気になったことあれこれ(スポーツ大賞に代えて)

 独断と偏見の「今年のスポーツ大賞」は、独断でも偏見でも大谷翔平選手以外を選びようがありません。野球門外漢の私でもケタ違いの凄さがわかる。国民栄誉賞の辞退もよかったですね。あれくらいになると、政治家の宣伝道具にはならないということが毅然と示せます。大谷選手にはもう殿堂入りしてもらいましょう(笑)。

 さて、その代わりに今年気になったことを書いておきましょう。何と言ってもコロナ禍で強行されたオリンピック。招致の時に並べ立てた理由も予算額も全部ウソだらけだったということが明確になりました。それでもそしらぬ顔でやってしまう。「復興五輪」だったことなど、ほとんどの人が忘れてしまっている。汚染水どうしようか...とまだ言っているのに。「オリンピックやってんだから...」という言い訳で移動する人が増えて感染も増えた。そして、お決まりの「成功だった」という幕引き。

f:id:johan14:20211230215030j:plain

 選手もいろいろでしたね。悩みながら出場した人もいました。コロナ禍の活動環境悪化、精神的葛藤などでベストコンディションを保てず、実力を発揮できない人がいました。一方で、「見事な勝ち」を期待され、相手にも研究され尽くされた中でも一本勝ちを続けて金メダルを獲得し、何事もなかったように泰然自若とした立ち居振る舞いをしていた大野将平選手のような人もいました。

 訃報もありました。私たち古いサッカーファンにとって、ゲルト・ミュラーさんの逝去はショックでした。ドイツの国内リークでも代表チームでもミュラーさんのいるところゴールありでした。1970年メキシコ大会、1974年西ドイツ(当時)大会の二大会で通算13ゴールはしばらくの間、破られませんでした。

f:id:johan14:20211230215100j:plain

 70年大会準々決勝、イングランドに0-2とリードされた後、大逆転劇を締めくくるジャンプポレーはとても印象的でした。続く準決勝、激戦として語り継がれるイタリアとの3-4の試合で、常にリードを許していたドイツに追撃の2点をもたらしたのがミュラーさんでした。74年大会、破竹の勢いで決勝まで勝ち上がったヨハン・クライフ率いるオランダに開始早々のPKで1点を許しながら、2-1の逆転優勝を引き寄せた決勝点もミュラーさんが挙げました。

 ボクシングのマービン・ハグラーさんも60代という早さで逝去しました。主にミドル級を主戦場としましたが、当時の中量級はロベルト・デュランシュガー・レイ・レナードトーマス・ハーンズら好選手が群雄割拠。それぞれがそれぞれと好試合を繰り広げていましたが、ハグラーさんは一歩抜け出でいました。

 単に強いだけでなく、クリーンでアグレッシブな戦い方。コンディショニングもストイックで、私生活の乱れもなく、スポーツとしてのボクシングの素晴らしさを体現していた人だと思います。

f:id:johan14:20211230215120j:plain

 サッカーのW杯予選のアウェイゲームの放映が有料チャンネルに独占されてしまい、コアなファンしか視聴できないことになりました。仮にアウェイでW杯出場決定、となった場合は、一般のファンはリアルタイムで喜びを分かち合うことができません。コロに禍で稼ぎ頭の代表親善試合が行われず収入が激減した日本サッカー協会は、自社ビル売却の話も持ち上がっているとか。これで代表チームがW杯逃したら、どうなってしまうのでしょう...。

 おめでたい話は、長嶋茂雄さんへの勲章授与。ただそこにいるだけで話題になる、という人物。功績を称えることに異論はまったくありませんが、ただ「いつまで長嶋さん、王さんなの?」という気持ちもあります。何かあるたびに、すでにご高齢となったお二人を担ぎ出す。レジェンドは存分にリスペクトすべきですが、あまり都合がいいように偉大なお二人を使ってほしくないという思いもあります。

 さて、来年に向けての期待という意味では、何と言っても新庄ビッグボスの就任です。従来の監督像をひっくりかえすような行動と言動。「優勝なんて目指してませんから!」と断言。とはいえ、「開幕から優勝なんて言ってたら一年間やっていけないんだよ」というのが選手の本音らしいのですが...。

f:id:johan14:20211230215644j:plain

 いずれにせよ、ビッグボスが話題を盛り上げるだけで終わるはずはないので、実際のチームづくりと采配が楽しみです。まぁ親会社としてはビッグボス効果でメディア露出が格段に増えたわけですから、広告宣伝としては何億円分にも相当する効果があるはずです。

 サッカーのキングカズの去就も気になります。偉大なレジェンドであることは間違いないのですが、今現在の彼を「戦力」としてほしいプロチームは一つもないでしょう。ただし、広告宣伝効果は抜群。彼が存在するだけでチームのメディア露出効果が格段にアップします。契約料を「広告費」として換算すれば、コスパは理にかなうかもしれない。ただ、やはりプロ選手は出場してナンボですからね...。

 さて、強引に開催したオリンピックの「レガシー」は、来年以降、我々アマチュアスポーツのところに恩恵をもたらすのでしょうか? 人工芝のグウンドの抽選倍率が100倍超という現象はいつになったら解消するのでしょうか? 行き場を失ったサッカーチームが練習しようとする場所に「禁止」「禁止」の看板が次々に立てられていく現象はいつになったら解消するのでしょうか?

 来年は、スポーツ愛好者にとって明るい話題が多い年になるといいですね。